玉龍寺とは

玉龍寺では、葬儀法要、祈願、観光中心の職業化した僧侶仏教から、「法」を学ぶことに中心を置き、在家が生活のなかに純粋な仏教理論を応用して、豊かに生きる「生活仏教」への転換をはかります。

世界の平和と幸福達成のためには、個々人、それぞれがまず平和に、幸福にならなければなりません。それには「禅のわかりやすい修行」が最も効果的であると考えています。

【在家禅道場の活動】
朝課(読経・参禅 ) 毎朝6時〜 
晩課(読経) 毎夕5時40分〜

研修会(総合研修、坐禅摂心・托鉢研修、企業研修、個人長期短期研修)
講演会(一日で覚る、百まで現役など)
悩み事相談(禅セオリー応用、心理カウンセリング など

【歴史】
慶安二年(1649) 盤珪禅師、神野村日立の山中に玉龍庵を結ぶ。「玉龍」の名は、赤穂の随?寺にある盤珪の師、雲甫和尚の棲隠所の名に因む。

元禄五年(1692) 日立の領主、尾州藩の石川大和守、盤珪禅師に深く帰依し、山林を寄進して玉龍庵に方丈、庫裏、諸堂を建て盤珪禅師を迎える。結冬安居には宗派を問わず数百人の修行僧、道俗数万人が参集。解制後、玉龍庵を玉龍寺に改める。

盤珪禅師は、玉龍寺に時々来るハンセン病の乞食たちに自鉢で飯を与えていたという。

江戸時代から明治五年学制ができるまで、玉龍寺は神野の寺子屋であり、住職が読み書き算盤を教えていた。

明治六年(1873) 神野村を学区とし、玉龍寺を仮校舎として日盛義校設立。翌年、神野学校と改称。神野学校は明治九年新校舎完成に伴い移転。

第二次世界大戦後に農地解放によって収入が途絶え住職不在となったため、檀家も離れ、零落荒廃する。

平成四年(1992) 宮前心山老師、盤珪禅師開創の玉龍寺が荒廃しているのを悲しみ、修復再興を始める。つづいて墓地や庭の整備、檀徒がないので高齢者と若者(ニート・ひきこもり)のサンガを始める。

平成七年(1995) 玉龍寺落慶

在家僧侶の養成指導を始める。在家僧侶が中人となり、単立化を図る。

平成十七年十一月八日(2005) 頂っていた子供の火遊びから全焼。再建計画中。

平成十九年(2007) 在家僧団結成 宗派離脱 単立法人となる。

襟足が毛深いと本当に不便!美容室でも恥ずかしい。

全身毛深くて悩んでいます。

腕や足などよく見えるところなら特に処理に困ることはありませんが、私は「襟足」も毛深いので困っています。

他の女性の襟足を見るとあまり毛深い様子もなく、すっきりしていて羨ましいです。

ずっと昔、親に襟足が毛深いことを指摘されてから、自分なりにムダ毛の処理をするようになりました。

とはいえ、よく見える位置ではないのでどうしても手さぐりになります。

きちんと処理できているのかいないのか、わからないままにカミソリを使い、鏡でよく見てはやり直したりしています。

ずっとカミソリで処理をしているためか、何となく襟足の肌がくすみ、荒れてきたような気もしています。

これもカミソリ負けというのかどうかわかりませんが・・・。
恥ずかしい思いをするのは美容室に行った時です。

美容師さんから見てみっともなくないようにと、美容室に行く前には必ず襟足をきれいにしてから行くのですが、それでも必ず「電動カミソリで襟足の処理していいですか?」と聞かれます。

髪が短いので言われるままにお願いしていますが、正直恥ずかしくてなりません。

一度、友達に「美容室にいくと必ず美容師さんに襟足の処理をされる」と行ってみたところ、「え?何それ。わたしそんなこと聞かれたこともない」と言われてしまいました。

複数の友達に聞いても同じだったので、どうやら美容室で必ず襟足の処理をされている私は相当珍しい存在ということになります。

もう長年襟足の処理をしているのですが、自己流だから、美容師さんたちから見たら相当みっともないことになっているのか・・・と落ち込みました。

一度、全身脱毛のためにサロンに行こうと考えたことがあります。私の住んでいる豊中市にもいくつかのサロンがあるので。<脱毛 豊中市

背中や襟足など、自分ではどうしようもない部分を脱毛してもらおうと考えてのことですが、何となく恥ずかしくてやめてしまいました。

友達は「脱毛サロンの人なんか、毛深い人を見慣れてるんだから気にしなくていいんだよ。考えすぎ」と笑っていましたが、それでも本当に毛深い悩みを抱えていると、プロの方にさえ見せたくないと思ってしまうので始末に負えません。

人目に触れるのが嫌なので、せめて自己流のムダ毛処理くらいうまくなりたいと、今日も鏡の前で格闘しています。

不動産投資を始めるのに長期ローンを組んだものの…

子供の教育資金捻出の目的で不動産投資を始めようと思い、25年ローンを組んで一棟建の築30年中古マンションを購入しました。学費が払えない状況になっては子供たちがかわいそうですから。
最初は、長年給与振り込みや光熱費の支払いに口座を利用していた大手の都市銀行へ借入の相談に行ったのですがにべもなく断られ、結局地元の信用金庫で貸してもらいました。

ローンの比率は物件購入価格の3分の2、自己資本比率は3分の1です。不動産購入ではフルローンやオーバーローンという話をよく聞きますが、非常に危険であると思います。

私の比率での借入でも、ローン返済の他に固定資産税、管理委託費や共用部の光熱費、ちょこちょこ発生する修繕費、家賃の滞納、入居者の退去などで1ヵ月の賃料の手残りは半分以下です。

さらに、個人の所得が上がったことで、所得税、住民税、社会保険、厚生年金なども飛躍的に上がり、逆に控除になっていたものは軒並みカットされました。結構な金額の借り入れをしてもこれしか残らないのかという印象です。

それでも普通預金に預金しておくよりはマシかなと気持ちを保っておりますが、ローン期間の長さと物件の古さを考えると怖くなる時があります。最初の目的の教育資金の捻出なんてものには程遠いのが現実です。

また、管理会社とのやり取り、帳簿付け、確定申告の手間が増えることも考えていませんでした。
ローンの審査が通るまでは不動産会社も積極的に動いてくれ、実際審査が下りた時には大喜びしたものです。

しかし、いざ返済が始まってみると返済を助けてくれる人はいません。

銀行も不動産会社も手数料収入が入ればあとは知らん顔です。不動産は購入してから5年以内の売却には短期譲渡所得税が40%も加算されるため、最低でも5年は保有しなければなりませんし、その後買った金額で売れるかどうかも分かりません。
高額のローンを組む時には、夢ばかりではなく現実的なこともしっかり勉強してからでなければ痛い目に会います。世の中には不動産投資のメリットばかりが謳われていますが、デメリットもしっかり考えてから参入しましょう。

エステ帰りに2着のコートをゲット

これから寒くなるという時期、ダウンコートは持っているので厚手のロングコートが欲しいと思い、たかの友梨のエステ帰りにデパートへ出かけた。8万円くらいの予定だったがお財布には11万円弱入っている。

デパートに入っている行きつけのお店で少し薄手ではあるが気に入ったロングコートが見つかった。値段も予算内で間に合う。それにしても、もう少し厚手だったら申し分ないのだけれど気に入ったし、手持ちの服との組み合わせも出来そうなので買う事に決めた。

お金を払う段になって店員が奥の方から同じメーカーのハーフコートを持ってきたこれなんかもお似合いになりそうですねと試着させられた。こちらはロングコートより厚手だ、しかも私の好みにピッタリだった。これがロングだったら一番良かったのに、残念だと思う。

その一方で、これはこれで用途があるしこちらもほしいという気持ちがわきあがってしまった。こういう状態の時によくある私の悪い癖だ。4万7千円、約3万円の不足である。カードでの支払いは可能なのだが私はぜいたく品をカードで購入するのはどうしても嫌なのだった。

頭の中で葛藤が始まる、思い出した!定期入れの中にお守りがあるはずだ。ありました、四つ折りにされた福沢諭吉さんが顔を出した。感謝感謝、あと2万円。またしても幸運の女神が降りてきた、地方に住む妹が何かのついでに送ってくれた地方のデパートの商品券、地方のデパートの名前が書いてあるのが恥ずかしくて、長い事使わずにバックのポケットに入ったままだった。千円の金券が10枚で1万円、こんな時こそ恥も外聞も捨てて使うべきではないかと自分に言い聞かせる。

さてと、あと1万円、お財布の中には1万円札10枚と千円札が何枚かあるはずだが、考えをめぐらすうちにまたしても閃いてしまった、そうなのだ、いったんロングコートを購入してしまうのだ。そうすることによって今までのポイントに今回のポイントが追加され、たぶん2千円のお買物券がすぐに手に入るはずなのだ、お財布の有り金を全部はたいて2千円のお買物券と合わせると1万円になるはずなのだ。

はたして思い通りに事が運び、カードでの支払いをする事なく私は2着のコートをゲットできたのでした。o
esute